カタログギフトの利点

贈り物ということで、カタログギフトを贈るところが増えてきました。それまでは、結婚式のお返しとして見かけることがあっても、一般的なイベントやお祝い事では見かけないものだったでしょう。ところが最近では、冠婚葬祭はもちろんのこと、お返しとしてもつかわれることが増え、一定のものよりも好きなものを選べるカタログギフトが喜ばれてもいるのです。

もらう方のメリットばかり強調されがちですが、贈る側にも大きなメリットがあるでしょう。それが、何を贈るのか決めなくてもいいということです。贈るものを決めるのは意外と大変で、冠婚葬祭の雰囲気や流れを壊すことができませんし、第一使ってもらえないものを贈ることにメリットがないからです。結婚式のお返しで、自分たちの写真の入った皿を贈ったとしても、ほとんどの人はそのまま封も開けずに積み重ねられていくだけでしょう。そうそう使えるものを選ぶのも難しいことですし、万人に合わせることで何ら意味もないものになりかねないのです。持ち帰りを考えても、重たくて困るものこともあり、その場で宅急便を探さなければいけないということも珍しくありません。

もらう側の気持ちを考えると、その人に合うものを個別に考えなければいけませんが、事実上不可能なことなのです。カタログギフトであれば、どんなものにするか考える必要がありませんし、その場で受け取らないため、重さも気にする必要がありません。これは大きなメリットであるといっていいでしょう。

カタログギフトにもいろいろなものがあり、場に合わせて選択することができるようになっています。注意しなければいけないこともありますので、贈る前に参考にしてみてはいかがでしょうか。

◎関連サイト
温泉チケットなど体験型プレゼントのカタログギフト通販サイトです > カタログギフト